衣猫日記
inuko.exblog.jp
ねことひと
Top
2011年 11月 08日 *
c0006312_20205835.jpg4か月も過ぎてしまったのですが。。

なんと言ってもこの日一番はやっぱりラストの「ド真ん中節」!!

観客の腕に支えられながら、客席センターの柵を渡り出す増子さん。
増子さん、「ナウシカみたい」って言ってたけど、2階席から見てるとまさにそれ。
『その者、青き衣をまといて、金色の野に降り立つべし』っていうあれです。
手がいっぱいでちょっとホラーっぽくも見えましたけど(笑)
本当に本当にものすごい光景でした。

客席中央のミラーボールの真下で沢山の手に支えられて、
男泣きしながら歌った「ド真ん中節」。

渋谷C.C Lemonホールでの「ド真ん中節」も泣けたけど、
ナウシカ状態の増子さんが歌う「ド真ん中節」も泣けた。
この曲、本当にいいんですよ。
怒髪天っていうバンドそのものっていうか。



SET LIST
01. はじまりのブーツ
02. 蒼き旅鳥
03. 俺達は明日を撃つ!
04. 男は胸に・・・
05. キタカラキタオトコ
06. GREAT NUMBER
07. 労働CALLING
08. F.B.H.L
09. 武蔵野流星号
10. オレとオマエ
11. 旅路
12. そのともしびをてがかりに
13. ドンマイ・ビート
14. NO MUSIC,NO LIFE.
15. なんかイイな
16. 喰うために働いて 生きるために唄え!
17. ニッポン・ラブ・ファイターズ

EC1
18. 真夏のキリギリス
19. 酒燃料爆進曲
20. オトナノススメ

EC2
21. ド真ん中節

怒髪天オフィシャルHPはこちら→
[PR]
by uni0303 | 2011-11-08 20:54 | 音楽 *
2011年 01月 24日 *
c0006312_2038030.jpg行ってきました!
去年に引き続き、新年一発目は怒髪天です。

初めてのZepp Tokyo。
そして初めての2階席。

Zeppをあんなにお客さんで一杯にするなんて。
怒髪天、売れたなぁ。
いや、売れたって言い方は相応しくないのかもしれないなぁ。
とにかく、怒髪天は、本当に愛されてる。
これが一番しっくりくるかも。

桃屋の「味付搾菜」CM曲「キタカラキタオトコ」、
ライブ会場限定販売シングル「そのともしびをてがかりに」など、
新曲もよかった!
個人的にぐっときたのは「つきあかり」と「夢と現」。
2階席でゆっくりじっくり聴けたからかな。

c0006312_20381338.jpg増子さんのMCはこの日も絶好調でした。
お台場VenusFort。
あれ、増子さんと王子は造ってたらしいです。
その隣にあるZeppに、バンドとして来られて本当に嬉しい!とのこと。

『音楽業界が不況で食べていけなくなって辞めていく中堅が続々』というニュースに対して、
「アホか!音楽を飯食う道具にするな!」と熱い言葉。
もちろん直後に「でもお金は大事だよ?ここに来てる奴は皆わかってると思うけど(笑)」。
そして「食えなくなったらまたバイトする。解散しないよ?」と宣言。
王子に「いきなり脱退とかしないでね!」

そんな感じで終始笑って涙してのライブでした。
ツアーはこの後、福岡・名古屋・大阪と続きます。

3月にはライブ定番楽曲の完全コンプリートアルバム「D-N°18 LIVE MASTERPIECE」が発売。
そしてさらに!
5月からはアルバムを引っ提げて「LIVE LIFE LINE TOUR」が始まります。
全国22公演。
今年も怒髪天から目がはなせません。

怒髪天オフィシャルHPはこちら→



[PR]
by uni0303 | 2011-01-24 21:41 | 音楽 *
2010年 11月 15日 *
c0006312_18284420.jpg行ってきました!Perfume!
Perfume大好きです。
曲が好き。踊りも好き。

アイドルのライブなんて初めてでちょっと緊張。
そして東京ドームでのライブへ行くのも初めてだったので興奮。
席はかなり上のほうだったので、肉眼だと小さくしか見えませんでしたが(^^;
双眼鏡持ってガッツリ見てきました。

もう3人のキラキラ輝いてることといったら!
まさに“旬”という感じ。
そして3人のスタイルのいいこと!
特にかしゆか!
遠目からでも人間離れしたマネキンのようなスタイルというのがわかりました。

衣装は広い会場ということもあってか、どれも派手め!
真白い花嫁さんみたいな衣装。
黒が基調のカラフルな蛍光ラインが入った衣装。
ティンカーベルみたいな明るい黄緑色の衣装。
アンコールは新曲「ねぇ」のジャケット衣装。

「エレクトロ・ワールド」と「575」が聴けて嬉しかった。
「SEVENTH HEAVEN」と「edge」も聴きたかったな~。

アンコールの最後は「ポリリズム」。
「私達に大きなチャンスを与えてくれた曲」
「来年はこの曲でチャンスをつかんだときのような年にしたい」
と話すあ~ちゃんに泣いた人がどれだけいるでしょうか。

ライブは約3時間!
そのうち45分くらいはトークでした。
正直これは予想外。
Perfumeってこんなに喋るのか!とびっくり。
アイドルのライブってこれが普通なんですかね?
最近怒髪天のライブしか行ってないので、
すっかり増子さんのトークが基準になってしまっている自分には正直ちょっとキツかったです。
ハタチを過ぎたばかりの女の子と40代半ばのおっさんバンドを比べるのは酷だよなとは思いつつ、
喋りがもっと上手くなったらPerfumeは最強だなと思います。

Perfume、もっと小さいライブハウスで見てみたいな~。
でもファンクラブに入らないと絶対チケット取れないだろうな~。
悩む。


SET LIST
00. GISHIKI
01. シークレットシークレット
02. 不自然なガール
03. GAME
04. ワンルーム・ディスコ
05. ナチュラルに恋して
06. love the world
07. I still love U
08. 575
09. Perfumeの掟
10. VOICE
11. コンピューターシティ
12. エレクトロ・ワールド
13. パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
14. Dream Fighter
15. 「P.T.A.」のコーナー
16. ジェニーはご機嫌ななめ
17. (コンピューター・ドライビング Intro)~Perfume
18. チョコレイト・ディスコ
19. Puppy love
20. wonder2

EC
21. ねぇ
22. ポリリズム

PerfumeオフィシャルHPはこちら→☆☆☆



[PR]
by uni0303 | 2010-11-15 19:12 | 音楽 *
2010年 10月 17日 *
c0006312_20352274.jpg行ってきました。
東京単独公演3DAYS。の中日。

会場は九段会館です。
九段下駅からすぐの、なんとも迫力ある建物。
以下、怒髪天オフィシャルHPから引用。

*九段会館:昭和9年に「軍人会館」として建設された、昭和初期に流行した帝冠様式の建物。
現在においても会場の随所に重厚な風格ある佇まいを見せる。
二・二六事件では、ここに戒厳司令部が置かれた。


今ではホールだけでなく、ホテルや結婚式場もあるんですね。

今回は「昭和」をキーワードにしたライブ。
3日間それぞれにテーマが設定されており、中日のテーマは『トーキョー"HAYARI-UTA"』。
「昭和」を感じさせる曲がもりだくさんでした。
1曲目からカバー曲、世良公則&ツイストの「あんたのバラード」。
増子さん、すっごくかっこよかった!
アンコールではヤングマン。
みんなでYMCAですよ。
最後の最後もまさかのカバー曲、沢田研二の「時の過ぎゆくままに」。
こういう渋いの、増子さんにすごく似合うな~と思いました。

c0006312_2035285.jpg来月にはコンセプトシングル第2弾「Merry X'mas Mr. Lonelyman」が発売。
ライブで初めて聴いたのですが、アンチ・クリスマスの歌でなんとなく安心。
完全限定生産盤の特典はミュージックビデオ20曲が入ったDVD。
YouTubeで見れるしいいかな~と思ったけど、やっぱり予約しました。

次は来年1月のZEPP TOKYOだ!


SET LIST
01. あんたのバラード
02. 男は胸に・・・
03. はじまりのブーツ
04. 俺ときどき・・・
05. 82.2
06. トーキョー・ロンリー・サムライマン
07. 夕焼け町3丁目
08. 泣いてばっかのオマエに・・・
09. よりみち
10. ドンマイ・ビート
11. ヤケっぱち数え歌
12. 酒燃料爆進曲

EC1
13. Merry X'mas Mr.Lonelyman
14. オレとオマエ
15. オトナノススメ
16. ヤングマン(YMCA) 

EC2
17. 時の過ぎゆくままに

怒髪天オフィシャルHPはこちら→



[PR]
by uni0303 | 2010-10-17 21:19 | 音楽 *
2010年 07月 15日 *
c0006312_19365065.jpg行ってきました、ツアーファイナル!
じゃなくてセミファイナル(になった)!

初めての新木場STUDIO COAST。
独特の造りでした。
増子さんが言ってた通り「裁判所みたい」。
どこからでもステージがよく見える感じ。

いつもながら最高だった。
ライブで「星に願いを」は久々でなんとも嬉しかった。
ラストの「ド真ん中節」はぐっときた。

今回も王子のシャツはキラキラ光っていました。
怒髪天ってスタイリストさんついてるのかな?
メンバーの自前なんでしょうか。
気になる。

10月には東京単独公演3DAYSが決定!
★2010年10月12日(火) 「歌舞伎町"NOT DEAD"ギグ」 @新宿LOFT
★2010年10月13日(水) 「トーキョー"HAYARI-UTA"」 @九段会館
★2010年10月15日(金) 「キャバレー"SHO-WA"」 @東京キネマ倶楽部


SET LIST
01. ヤケっぱち数え歌
02. 夕暮れ男道
03. 労働CALLING
04. 俺ときどき・・・
05. ふわふわ
06. 不惑 in LIFE
07. GREAT NUMBER
08. はじまりのブーツ
09. 旅路
10. 男は胸に
11. オレとオマエ
12. 夏のお嬢さん
13. 真夏のキリギリス
14. 情熱のストレート
15. 酒燃料爆進曲
16. オトナノススメ
17. 我が逃走

EC1
18. 星に願いを
19. 喰うために働いて 生きるために唄え!
20. NO MUSIC, NO LIFE
21. セバ・ナ・セバーナ

EC2
22. ド真ん中節


怒髪天オフィシャルサイトはこちら→

[PR]
by uni0303 | 2010-07-15 20:01 | 音楽 *
2010年 04月 21日 *
c0006312_20321886.jpg行ってきました、初野音!!

前日までは真冬の寒さ。
4月も半ばなのに雪が降りました。41年ぶりらしいです。
連日の寒さ&寒暖の差で久々に本格的な風邪をひいていた私は、
マスクに貼るホッカイロに箱ティッシュ持参で参戦。
怒髪天ファンの願いが通じたのか、当日昼過ぎから晴れ!

以下、朦朧とする頭で記憶に残ってるもの

・ジュリーの曲でのダンサーの華麗なダンス
・躁状態の坂さん
・王子の「都会の真ん中を手中に収めた」発言
・カメラクレーンに乗った増子さん
・シミさんの「俺はここで笑って待ってるから!また来てくれよ!」

5月から、NEW ALBUMを引っ提げてのツアーが始まります。
そして、FUJI ROCK FESTIVALへの初出演が決定!!
「これからの怒髪天にご注目いただけますと、助かります!!」と坂さんが言ってました。

次は7月、ツアーファイナルの新木場だー!


SET LIST
01. 勝手にしやがれ (沢田研二カバー)
02. ヤケっぱち数え歌
03. 労働CALLING
04. 明日をブン殴れ!
05. GREAT NUMBER
06. 蒼き旅烏
07. はじまりのブーツ
08. オレとオマエ
09. サムライブルー
10. ど真ん中節
11. アフター5ジャングル
12. ドンマイ・ビート
13. NO MUSIC, NO LIFE
14. オトナノススメ

EC1
15. YOU DON'T KNOW
16. ぐでんぐでん
17. 酒燃料爆進曲
18. セバ・ナ・セバーナ

EC2
19. サスパズレ

怒髪天オフィシャルHPはこちら→



[PR]
by uni0303 | 2010-04-21 20:46 | 音楽 *
2010年 01月 19日 *
c0006312_19252886.jpg新年一発目は、怒髪天のお年賀ワンマン!

初のホールワンマン。
会場はC.C Lemonホール(旧・渋谷公会堂)。
あのドリフターズの「8時だョ!全員集合」の会場です。

登場はもちろん、客席後方から!
法被を着て、頭には豆絞り。
「ここでやるのに後ろから入ってこない理由はない!」と増子さん。

「オトナノススメ」ではじまり、タキシード姿でのアンコール(4人ボーカル!)、
今月末発売の新曲「ド真ん中節」(→画像は通常盤ジャケ)のラストまで。
新年の幕開けに相応しい、素晴らしいライブでした。

今年も怒髪天から目が離せない!


2010.1.27 NEW SINGLE 「ド真ん中節」発売
2010.3. 3 NEW ALBUM 「オトナマイト・ダンディー」発売

怒髪天オフィシャルサイトはこちら→



[PR]
by uni0303 | 2010-01-19 19:28 | 音楽 *
2009年 04月 13日 *
c0006312_18445371.jpg久々に怒髪天のライブに参戦しました。

いや~楽しかったー!!
汗だくで踊りまくりでした。

いつ行っても気持ち良くバカになれるんです。

昨日は最高動員記録だったらしく、
1600人(だったかな?)が一体となって
「ウンガラガッタ♪」と踊るのは最高でした。

c0006312_1845465.jpgライブ会場入口ではこんな旗が配られました。

メンバー登場の際、ものすごい歓声とともに一斉にこの旗を振っているさまは、
ほんと、何かの集会のような。

ちなみに、根元が少し破れてますがわりと奇麗な状態で帰還しました。
無意識に丁寧に扱ってたのか?

今月22日にはニューアルバム「プロレタリアン・ラリアット」が発売。
5月からは「プロレタリアン・ラリアット tour 09」が始まる予定。
結成25周年を迎えてますます楽しみです。

怒髪天オフィシャルサイトはこちら→



[PR]
by uni0303 | 2009-04-13 19:23 | 音楽 *
2008年 03月 17日 *
c0006312_182425.jpg紀尾井シンフォニエッタ東京 第63回定期演奏会
2008年3月15日(土)@紀尾井ホール


ヴァイオリン弾き振り:コリヤ・ブラッハー
紀尾井シンフォニエッタ東京
コンサートマスター:豊嶋泰嗣


モーツァルト:歌劇 「フィガロの結婚」 序曲 K.492
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.77
ショスタコーヴィチ=バルシャイ:室内交響曲 Op.110a


c0006312_18125935.jpg都合がつかず行けなくなってしまった知人からチケットを譲り受け、行ってきました。

コリヤ・ブラッハー氏の“弾き振り”(ヴァイオリンを弾きながら指揮をする)に惹き込まれました。
ブラームスが良かった。
楽器が弾けるって本当にいいな~としみじみ感じました。

家のCD棚には夫が独身時代に買ったクラシックのCDが結構あるのですが、
私はほとんど聴いたことがありません。
これからちょっと聴いてみようかなと思います。

[PR]
by uni0303 | 2008-03-17 18:42 | 音楽 *
2007年 09月 27日 *
c0006312_19393239.jpg渋谷のCLUB camelotで行われた、
the pussycat dollsのメイン・ヴォーカルであるNicole Scherzingerのショウケース・ライブに行ってきました。

生ニコールは凄かったです。
映像や写真で見るよりも数段美しい。

ビデオ上映やトークの後、「Baby Love」と「Whatever U Like」の2曲を歌いました。
当たり前ですが、なんて歌がうまいんだ !!
2曲目はダンサーと一緒に踊りながらで、本当にかっこよかったです。
PCDのニコールが、あんな小さい会場で・・というのも驚きですが、
会場の規模に関係なく手抜きなど一切無しのプロフェッショナルなパフォーマンスに驚き、興奮しました。
“アーティストがパフォーマンスで人を魅了する”ってああいうことなんだろうな~。
生ニコール以来、PCDの来日ライブをさらに願うばかりです。

c0006312_2024725.jpgニコールのソロ・デビューアルバム「Her Name Is Nicole」は11月7日発売(少し延期になったらしい)。
PCDのライブDVDの国内盤も同時発売。

ニコール日本公式サイトはこちら→
ニコールofficialはこちら→
PCD officialはこちら→

[PR]
by uni0303 | 2007-09-27 20:22 | 音楽 *
ページトップ
The Original by Sun&Moon